2006年08月04日

Jack of All Trades #1.02 『Sex and the Single Spy』

港に着いた船から降りてきたフランスの密偵マーティン。それを出迎えるクローク知事とその部下たち。そこに現れたエミリアの美しさに気を取られている隙に、ドラグーンに扮したジャックに襲われ、マーティンはバッグを奪われてしまうのだった。

作戦がまんまと成功したと喜んでいたジャックとエミリアだったが、カバンの中には目当てのものが入っていなかった。マーティンは、パラウパラウ島に潜む反政府活動家を暗殺するためにやって来た。その標的の名前が書かれたリストを持っているはずなのだ。早くリストを手に入れ、先回りしないと、標的が皆殺しにされてしまう。バッグに無いとすれば、マーティンはリストを肌身離さず持っているに違いない。おそらく下着の中にでも隠しているのだろう。ジャックは、色仕掛けでマーティンに迫り、パンツを脱がせろと言うのだが、お堅いエミリアはそんな事を今までやった経験が無かった。

パーティーに潜り込んだエミリアは、わざとお酒をマーティンの服にこぼし、着替えをするよう仕向けることに成功。一緒に部屋までついていったのだが、発情したマーティンにベッドに押し倒されてしまう。先にお風呂に入ってからよと、その場をしのいだエミリア。マーティンが風呂に入っている間に、ジャックを呼び込み、二人で下着を探るがリストはどこにも無い。そのうち、マーティンが待ちきれずに風呂から上がってきてしまった。その姿を見た二人は、ついにリストの在りかを知る。それはマーティンの股間にぶら下がる巨大なXXX (自主規制) に書かれていたのだ...。

* * * * *

冒険活劇 『JACK OF ALL TRADES』 シーズン1 第2話。
始まって2回目で、いきなりこんな下ネタ(笑。
ま、TVドラマなので実際にナニが映ることは無いですけども...。
タグ:海外ドラマ
posted by キント at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。