2007年02月07日

Jack of All Trades #1.06 『Raging Bully』

冒険活劇 『JACK OF ALL TRADES』 シーズン1 第6話。

ルイジアナ州の売買交渉のために、ジェームズ・マディスン(後の第4代アメリカ合衆国大統領)が特使としてパラウパラウ島に来ることになった。その間、秘密の警護を頼まれたジャックとエミリアが港に出向くと、いつになくピリピリとした緊張ムード。なんとフランスからは、ナポレオン皇帝が直々に足を運んで来ていたのだった。

いざ交渉が始まると、ナポレオンはマディスンの話など一切聞かず、それどころか直ちにギロチン刑にかけると宣言した。慌ててドラグーンに変装したジャックは、マディスンを脱出させるが、ナポレオンに撃たれて捕らえられてしまう。

その場で処刑しようとするナポレオンに、ドラグーンはポーカーの名手だと耳打ちするエミリア。それを聞いたポーカー好きのナポレオンは、勝負に勝てれば命は助けてやると条件を出した。

運命のポーカーに挑む直前、ジャックが震えているのに気づくエミリア。今まで誰に撃たれても弾丸に当たったこともなく、恐いもの知らずだったジャックは、自分を撃った 小さいオッサン ナポレオンに、生まれて初めて恐怖を感じていたのだった...。

※ ナポレオンを演じているのは 『オースティン・パワーズ』 シリーズのミニ・ミーことヴァーン・トロイヤーでした。
posted by キント at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン1
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。